漢方放浪記100歳まで美健康

外資系商社マンの漢方薬・生薬認定薬剤師が、漢方による体質改善がどのようなものなのか、調べつくし自らも試し体得していきます。

スポンサーズリンク

漢方の証(体質・体調)とは何かもう一度復習します。

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

漢方の証(体質・体調)とは何かもう一度復習します

証にあった漢方薬を選べば、効果は倍増する。。。  

ちょっと勉強不足なんで、また更新します (笑)

 

       

      

引用:【うち漢方】漢方相談|光和堂薬局

 

陰虚:水分が不足して、乾燥肌、気管支炎、鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎

湿痰:水が多くて、浮腫み、だるさがある

陽虚:ホルモン量が減少し、身体の芯まで冷える、低体温、無月経、 インポテンツ

湿熱:ホルモン量過剰で、粘い痰や鼻水、だるさ、腹部膨満、肥満、便秘、下痢、

血虚:血が不足して、貧血、疲れやすい、筋肉・肩こり、腰痛など筋肉系の辛い症状

血瘀:血液が停滞して、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞、高血圧

気虚:うつ、だるい、気力低下

気滞:ストレスによるイライラ 

 

  

スポンサーズリンク